2015年以降の単勝の人気と回収率の検証 総合結果編

2015年以降の単勝の人気と回収率の検証 総合結果編

一番基本的な馬券である「勝馬を当てる」という馬券、単勝の結果を検証します。馬券は適当に買っても、トータルは70%辺りの回収率になると言われています。実際は底なしに外れる感覚がありますが、そうらしいです。

いくら時間をかけて予想をしても、結局は人気の馬には人気の理由となるデータがあり、人気馬に予想は寄っていくのが当たり前です。しかしそこを除外して、もっと簡単に馬券を買ってみてはどうだろうか。例えば、一つの人気に着目して・・・

ということで、過去約5年ほど遡って一つの人気に着目して※ベタ買いしてみればどうなるかを検証したいと思います。

尚、今回は競馬場・距離・馬場などの総合結果を記載します。またここから細かく内訳していく予定です。

※ベタ買い・・・同じ金額で買い続けること。それによって回収率を比較できる

 

人気 レース数 勝利数 勝率 回収率
1番人気 18207 5881 32.3% 77.7%
2番人気 18207 3435 18.9% 79.7%
3番人気 18207 2417 13.7% 80.5%
4番人気 18206 1713 9.4% 77.8%
5番人気 18206 1313 7.2% 79.8%
6番人気 18187 990 5.4% 82.8%
7番人気 18144 726 4.0% 81.3%
8番人気 17995 485 2.7% 70.2%
9番人気 17573 402 2.3% 75.6%
10番人気 16914 294 1.7% 78.7%
11番人気 16019 221 1.3% 76.4%
12番人気 14950 157 1.1% 78.2%
13番人気 13588 97 0.7% 61.9%
14番人気 12226 52 0.4% 48.7%
15番人気 10672 41 0.4% 58.5%
16番人気 8362 15 0.2% 37.1%
17番人気 1762 2 0.1% 28.5%
18番人気 1405 0 0.0% 0.0%

 

結果は思っている通り、よほどの下位人気ではない限り、70%~80%あたりに収束します。ということは、単勝を同じ人気でベタ買いしてもプラスにはならないということです。しかし、これは障害レースを除く全てのレースを対象としているからで、人気が反映しやすい条件・反映しにくい条件というのがあるかも知れません。

それをこれから絞ってみたいと思います。

競馬場
東京 中山 京都 阪神 中京
新潟 福島 小倉 札幌 函館