【判断推理】複数の対応関係

【判断推理】複数の対応関係

職・出身・年齢の対応関係

問題

A、B、C、Dの4人は、教師、弁護士、医師、警察官のいずれか異なる職にひとつ就いており、年齢は25歳、35歳、45歳、55歳のいずれかで全員異なる。また、東京、大阪、名古屋、福岡のいずれか異なる地方出身である。次のア~カのことがわかっているとき、確実にいえるものはどれか。

  • ア 東京出身の者は25歳である。
  • イ 警察官は福岡出身であるが55歳ではない。
  • ウ Dは医師で、名古屋出身ではない。
  • エ 弁護士は45歳である。
  • オ Cは35歳で大阪出身ではない。
  • カ Bは40歳以上ではない。
  1. Aは55歳である。
  2. 名古屋出身の者は教師である。
  3. 警察官は35歳である。
  4. Cは名古屋出身である。
  5. Dは25歳である。

 

※解答は画像のしたにあります

解答

今回の対応関係は4項目あります。表に〇・×を記入する表にはムリがありますので、下記のような表に整理してみます。まず、条件ア、イ、エを埋めていきます。

ここでをみてみましょう。年齢は55歳でないので、35歳しかあり得ないことがわかります。すると、条件オのCは②であることもわかります。なお、条件ウに関しては、今の段階では①か④の可能性があるので、まだ置いておきます。

次に条件カ「Bは40歳以上ではない」に注目してみます。これを満たせるのは①しかありません。すると条件ウ「Dは医師」を満たせるのは④しかないこともわかります。

あとは残ったところを埋めていきます。④は名古屋ではないので、残った大阪しかないです。

 

正解 3