円卓の並び順

問題

A、B、C、D、E、Fの6人が、円卓の周りに等間隔に並べられて椅子に座っている。次のような事実が分かっている場合、正しいことを述べているのはどれか。

  • AはC及びFと隣り合っている。
  • BはDと隣り合っている。
  • DとFは隣り合っていない。
  • Eの左側はDではない。
  • Fの正面はEである。
  1. 時計回りに見て、A、C、Eの順に並んでいる。
  2. 時計回りに見て、F、E、Dの順に並んでいる。
  3. 時計回りに見て、B、C、Eの順に並んでいる。
  4. 時計回りに見て、C、B、Fの順に並んでいる。
  5. 時計回りに見て、B、D、Eの順に並んでいる。

 

※解答は画像のしたにあります

解答

条件に多く出てくるFを中心に据えて考えていきます。最初の条件「AはC及びFと隣り合っている」と最後の条件「Fの正面はEである」を繋げてみます。しかし、Fの隣であるAが右隣りなのか左隣りなのかで2つのケースを考えます。

ここに3番目の条件「DとFは隣り合っていない」に注意をしつつ、B、Dの場所を決めましょう。

がしかし、【パターン2】は4番目の条件「Eの左側はDではない」に反していますので不適です。したがって、【パターン1】の場合が正しく、それを基に選択肢を検討すると肢5「時計回りに見て、B、D、Eの順に並んでいる」が正しいことがわかります。

答え 5