【判断推理】どのカードを持っているのか①

【判断推理】どのカードを持っているのか①

  どのカードを持っているのか①

問題

A~Dの4人に、1~13までの数字が1つずつ書かれた13枚のカードを配った。配ったカードについて、ア~オのことがわかっているとき、最も妥当なのはどれか。

  • ア Aには4枚配られ、すべて奇数である。
  • イ Bには4枚配られ、13のカードを持っている。
  • ウ Bの持っているカードの数字の合計は38である。
  • エ Cには3枚配られ、1のカードを持っている。
  • オ Cの持っているカードの数字の合計は21である。
  1. Aは7のカードを持っている。
  2. Aは9のカードを持っている。
  3. Bは6のカードを持っている。
  4. Bは9のカードを持っている。
  5. Dは6のカードを持っている。

 

※解答は画像の下にあります

解答

第一段階

Cに関する条件 エ、オ「3枚配られ、1のカードを持っている」「合計は21」より、Cの組合せの可能性をすべて書き出してみる。

第二段階

ここで、Aに関する条件「4枚配られ、すべて奇数である」を見てみる。ここを深く考えてみる必要がある。奇数のカードは7枚であることを知っておかなくてはならない。しかし、②の(1,9,11)だと奇数がA4枚、B(少なくとも)1枚、C3枚の合計8枚になってしまうのでありえない。したがって、可能性はしかない。

次にBに関する条件イ、ウ「4枚配られ、13のカードを持っている」「合計は38」より、Bの組合せの可能性を全てまとめてみる。

最終段階

上の表で、④だと奇数の枚数がA4枚、B4枚、C1枚となり「奇数は7枚」という事実に反している。したがって、③・⑤の場合が妥当となる。

これを一つの表にまとめて考えてみる。


可能性のある③・⑤に、第一段階の①を加え、空いたところにDを入れる。この二通りが考えられるので、選択肢から確実にいえる肢をさがすと、肢1「Aは7のカードを持っている」になる。

答え 

解説

数的処理全般にいえることだが、「数的」とはいいながら実際は「国語力」を問われている。純粋に数学の学力を問われる問題もあるが、このように読み解く力を問われることが多い。この問題でいえば、「カードが13枚あり、4枚持っているAは全て奇数」ということである。ということは、「奇数が何枚あって、残りの奇数が何枚あるか?」を瞬時に考えられるか?である。一つの事実があれば、そのほかの事実を自分自身で出さなければならない。そういった作業には反復練習がいいでしょう。