【判断推理】X’mas プレゼントに何をもらったの?

【判断推理】X’mas プレゼントに何をもらったの?

もらったプレゼントを探し出す問題

問題

ある幼稚園の行事で、6人の子供A~Fが、サンタクロースに1個ずつプレゼントを頼んだが、その内訳は3人が積み木・2人が絵本・1人がぬいぐるみであった。サンタクロースは頼まれたプレゼントをその数だけ用意し、それぞれの子供達に配った。しかし、包み紙が全て同じであったため、プレゼントを配る子供を間違えてしまい、頼んだとおりのものをもらった子供は1人だけであった。

次のア~エが分かっているとき、確実に頼んだとおりのプレゼントをもらったといえる子供は誰か。

  • ア BとCは同じものを頼んだ。
  • イ Dは絵本を頼んだ。
  • ウ AとF、DとEはそれぞれ同じものをもらった。
  • エ Cはぬいぐるみをもらった。

1. A   2. B   3. C   4. D   5. E

※答えは画像の下にあります。

解答

判断推理の問題の大前提として、自分で表を作る作業が必要である。情報の整理が重要である。

条件ア・イを使って、B・Cが何を頼んだのかを考えてみよう。プレゼントは3種類だけなので、1つずつ当てはめてみることにするが、2人が同じものを頼んだのだから、ぬいぐるみは1人しか頼んでないので間違いとわかる。

では、B・Cが絵本を頼んだと仮定する。するとイの条件で、「Dは絵本を頼んだ」とある。これだと絵本を頼んだのは、B・C・Dの3人となってしまう。したがって、絵本も間違いであると判明する。

したがって、B・Cが頼んだ物は、「積み木」と判明した。AとF、DとEが同じ物を受取ったので、それぞれに印を表に入れておく。そうするとこうなる。

※ △・▲は同じ物を表す

では実際にもらったプレゼントについて検討していく。

条件ウよりA・F / D・Eはそれぞれ同じ物をもらっているが、それは絵本と積み木のどちらかである。また、Cがぬいぐるみをもらっていることがわかっているので、Bはぬいぐるみではなく、積み木か絵本となる。

ここでまたわかることがある。仮にBが▲ならば、A・B・Fの3人が同じ物、つまり「積み木」をもらったこととなり、Bが△ならば、B・D・Eがこれまた「積み木」となり、結局Bがもらった物は3人がもらっているので、Bがもらった物は、「積み木」だとわかる。

したがって、頼んだものを受け取ったのは、Bであることがわかった。

答え  2

解説

最初にも書いたが、判断推理でやらなくてはならないことがある。

  1. 条件を推理する
  2. 条件を見やすく整理する
  3. 複数の条件を統合する
  4. 行き詰まったら仮定する

そして今回は表を書いたが、全て埋まらなかった。しかし答えは出た。この問題、結局Bが積み木をもらったのがわかったけど、A・FとD・Eのどちらかが積み木であるはずだが、この条件ではそれが判明しない。

大事なのは、答えを見るけることであって、表を埋めることではない。