Clipbox クリップボックス

Clipbox クリップボックス

YouTube動画を保存してオフラインでも見れるようにしたりできるアプリです。このアプリのいいところは、wi-fi接続できる場所で動画をドンドンダウンロードしてスマホに入れて、wi-fi環境がないところでダウンロードした動画をストレスなく観れるところです。なので入院中の人は、wi-fi環境があるところへ一時的にでも行ければ、そこでダウンロードして病室で観れるわけです。


では使い方を説明いたします。まずアプリを開くと、このような画面が出ます。ここで「クリップ」をタップ。

そうすると、次の画面はこんな感じになります。ダウンロードしたい動画のURLを知っているなら、「URL」をタップし、URLを貼り付けるなり入力するなりすると、ダウンロードができます。しかし普通は動画をyoutubeなどの動画サイトで選んでダウンロードするので、「ブラウザ」をタップ。

Googleのトップ画像が現れますので、ここで検索窓へ「youtube」と入力します。

このトップの「youtube」をタップしますと、ブラウザでyoutubeが開きます。

ダウンロードしたい動画を再生し、画面下の「+」をタップする。すると、「Are you ok?」と出ます。ダウンロードするので、「Are you ok?」をタップします。

ダウンロードが完了したら、「クリップが完了しました」と表示されます。この段階でダウンロードができていますので、確認してみましょう。画面左上の「<ブラウザ」をタップしてひとつ前の画面に戻ります。

今度は、「マイコレクション」をタップします。何も設定していなかったら、ダウンロードした動画はこの中に入っています。タップしてみましょう。

ここにダウンロードされていました。これをタップすると、再生できます。

尚、この動画を消去したり編集する場合は、右下の「^」マークをタップするとメニューが出るので、動画を選んで削除できます。この状態で左へフリックすると下の画面のメニューになります。

このメニューは、動画を音声ファイルへ変換できるモノです。音楽やラジオをyoutubeからダウンロードすると、映像がいらないのでここで音声のみに変換できます。戻すこともできます。音声だけにすれば、画面がオフ状態でも、音楽やラジオがそのまま聴けます。


今回は、「クリップボックス」を紹介しました。一番基本的な使い方を紹介しましたので、これさえできればある程度のことはできます。是非ご活用ください。